MENU

ご挨拶

住民(ひと)が主役の地域づくり

「平成307月豪雨」。私たちはこの未曾有の災害経験から大切なことを再認識しました。「助ける」「助けられる」という関係ではなく,「一緒」という関係。市や町という境界を越えた人と人の「共助・互助」の関係でみんなが一緒に考え,一緒に汗をかくことでみんなが前を向くことが出来ています。

様々な小規模コミュニティが,縦や横のラインではなく縦横無尽に網目の様にネットワーク化することが,様々な問題・課題を解決し,地域の発展を実現するための大きな力となります。

「防災」「教育」「医療」「福祉」「経済」。コミュニティがつながり「活躍できるまちづくり・環境づくり」を進める地域マネジメントを目指します。